帯広百年記念館(2010.2.21)

足寄からの帰りにちょっと寄り道をして帯広に行ったのでしょうか。いつもならまっすぐ北に向かっていたと思います。それほど見たいと思う展示はなかったはずですが、もしかすると十勝のタカハシホタテの情報を探しに行ったのかもしれません。

「百年記念館」という名称は当時各地にあったように思います。要するに流行だったのかな。
008.jpg

展示は先史時代から始まります。これはマンモスですね。十勝と言えば忠類村(現幕別町忠類)のナウマンゾウが有名です。ところがこのマンモス、忠類ナウマンゾウが死んだとされる時の様子と同じポーズで再現されてますね。泥沼にはまって動けなくなったというやつ。
009.jpg010.jpg

太鼓の復元図。ちょっと懐かしバージョンですね。かつては図鑑にもクビナガリュウが海面上にクビを伸ばして翼竜を襲うという図が描かれていましたが、今はそれは無理だと言うことになっています。ていうか、これそのまま図鑑のパクりじゃないですか?
海岸でお腹を引きずりながら歩くデスモスチルスも今じゃ海中をすいすい泳ぐ画に変わってますね。
011.jpg012.jpg

でました!十勝のタカハシホタテ。産地は幕別町中里となっています。中里という地名は今金や黒松内にもありました。化石の産地が多いようですね。それにしても何でこんなにブレブレな写真なんでしょうか。何度かこの産地にたどり着いて十勝のタカハシホタテを採取したいと試みましたがいまだに実現していません。沼田のと標本交換というのが現実的かもしれません。
014.jpg015.jpg

こちらも同じ産地なので時代もタカハシホタテと一緒なのだと思います。コシバニシキとエゾキンチャクです。沼田ではエゾキンチャクは見つかっていません。「滝川ー本別動物群」とはいっても海はつながっていなかったので全く同じ種構成ではないのかもしれません。
018.jpg019.jpg

地質柱状模型。でも地層の剥ぎ取りではなくて実物を透明ケースに詰めたもののようです。そして縄文遺跡の発掘現場再現模型もありました。
023.jpg030.jpg

おまけ
開拓時代から使われていた掛け時計。なぜ時計に興味があったのかというと、妻の実家が帯広でそこからこのような時計をもらってきて我が家に展示しているからです。我が家のは文字盤のまわりが八角形のタイプです。「SEIKOSHA」は今のセイコー時計の前身ではないかな?
033.jpg034.jpg

この記事へのコメント